• HOME
  • ブログ
  • コラム
  • 【心身の不調に頭を抱えている方必見!】自律神経が乱れることによっておこる症状と改善方法

【心身の不調に頭を抱えている方必見!】自律神経が乱れることによっておこる症状と改善方法

こんにちは!ピースフルです(*^-^*)

「自律神経の乱れ」

なんだかよく聞く言葉ですが、実際に自律神経が乱れると心身にどういった影響が出るのか、あなたはご存知でしょうか?

「なんとなく身体がダルい」
「なんとなく眠れない」
「なんとなく胃の調子が悪い」

もしかしたら、そんなあなたの「なんとなく」の不調は、自律神経の乱れによるものかもしれません。

今回は自律神経が乱れるとどのような症状がでてしまうのかや、その原因と整える方法についてご紹介していきたいと思います(*^^*)

自律神経の乱れに気づかずほっておくと、自律神経失調症や神経失調症などの疾患になってしまうかもしれませんよ。

自律神経とは


自律神経とは、脳にある視床下部から脊髄などを通り全身に張り巡らされている神経で、身体にあるあらゆる器官に繋がっております。

自律神経は、呼吸や消化、発汗等を普段から私たちが意識をしなくてもコントロールしてくれる素晴らしい神経なんですが、名前の通り自律しているので思うようにコントロールできないのがたまに傷です(笑)

そんな自律神経には、心拍数が増加してアクティブになる「交感神経」と、心拍数が落ち着きリラックスさせてくれる「副交感神経」の2つがあり、この2つがバランスよく機能することによって自律神経が整い、私たちの心と身体が健康でいられます💡

自律神経が乱れるとどんな症状が出るのか


自律神経による心身の体調の悪化は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、身体機能の調整や制御が利きづらくなることで引き起こされてしまいます。

交換神経が優位に働いていると血圧が上がり、瞳孔が拡大して心と身体が興奮状態になりますが、副交感神経が優位に働いているときは血圧が下がって心拍数は減少し、瞳孔が収縮し、心と身体が休んでいる状態になります。

では、この二つの神経がバランスが崩れた時、どのような症状が出るのでしょうか。
人よって異なり個人差もありますが、主な症状は次のものがあげられます。

疲れやすかったりめまいがする
動悸や不眠
頭痛や肩こりがする
便秘や下痢
生理不順
体温の異常
残尿感や頻尿感
イライラや不安になりやすい
感情の起伏が激しくなる

どれも「なんとなく」で感じてしまうようなものばかりで、自律神経が乱れていることに気づかずに見逃していることもあるかもしれません。

ですが、自律神経の乱れに気づかずに放っておいてしまうと、自律神経失調症や神経性胃炎、メニエール病、過敏性腸症候群などの疾患になってしまうかもしれませんので、「なんとなく」の身体の不調を感じたら自律神経の乱れを疑って生活習慣の改善を心掛けるのがいいかもしれません。

自律神経が乱れる原因と改善方法


では、そんな自律神経はどのようにして乱れてしまうのでしょうか。
自分の意志でコントロールが難しいからこそ、原因を知って普段の生活を見直してみましょう!(*^^*)

精神的、身体的ストレス

人間関係や仕事のプレッシャー、不安などによる精神的ストレスと、光や音、温度、過労、事故、ケガなどの身体的ストレスが溜まることによって、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうため、過度なストレスは自律神経が乱れてしまう原因になってしまいます。

そのため、ストレスを感じているなと自覚がある方は、適度な運動や好きなことしてストレスを発散したり、好きな音楽を聴いたり本を読んでリラックスすることがオススメです。

不規則な生活習慣

慢性的な不眠や昼夜逆転の生活、あなたもしてしまっていませんか?
私たちの身体は一定のリズムを持って生活しており、それに合わせて自律神経が整うことによって、健康的な状態を維持しています

私たちの身体は起きているときは主に交感神経、眠っている時は副交感神経が働くことによって一日のリズムを整えているため、昼夜逆転や慢性的な不眠も自律神経を乱す原因になってしまいます💡

そんな不規則な生活に心当たりがある方は、いつもより早く寝て睡眠時間を確保したり、昼夜逆転生活を直すことを心掛けてください
意識的に睡眠をすることによって副交感神経の働きを促すことができ、リラックスすることができるのでオススメです(*^-^*)

偏った食生活

偏った食生活により、ビタミンやミネラルなどの身体の機能を調整する栄養素が不足してしまい、腸内環境が悪化してしまうことも自律神経が乱れる原因になります。

そんな食生活からの自律神経の乱れを改善するためにはまず、規則正しい食生活を心掛けましょう。
朝・昼・晩の3食をしっかり食べることが大切で、3食の中でビタミンやミネラルの栄養を取り入れることによって自律神経を整えることが出来ます。

又、ハーブティを飲むことによっても自律神経を整えることが出来ますのでもし興味のある方はこちらの方もご参照ください(*^^*)
【自律神経の乱れに悩んでいる方必見!】自律神経の乱れに効果的なオススメハーブティ5選!

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、生理前や加齢とともにホルモンバランスが乱れが生じてしまうため自律神経が乱れやすくなってしまいます

女性の身体にはエストロゲンという女性ホルモンが働いており、このエストロゲンには健康的な状態を保つ働きがあります。
しかし、閉経を迎える時期となる更年期に差し掛かる40台から徐々にエストロゲンの分泌が減少してしまい、ホルモンバランスがくずれてしまうことがあります。

ホルモンバランスの乱れを改善するためにもバランスの良い食事を心掛けることが大切です。
その中でも、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品と、骨量を補うカルシウムを含む小魚や牛乳、チーズ、腸内環境を整えてくれる食物繊維を積極的に摂ることをオススメします(*^^*)

自律神経の乱れにオススメな商品


①不足している栄養補給にオススメ!

DHC マルチビタミン 30日分
created by Rinker
大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒 120日分
created by Rinker

②身体のコリをほぐしてストレス解消にオススメ!

ヨガポール フォームローラー 筋膜リリース ストレッチ スティック トリガーポイント マッサージボール 7点の筋膜ローラー式セット フィットネス トレーニング器具 ストレス解消 筋肉痛改善 日本語説明書 収納袋付き
created by Rinker
KOOLSEN マッサージボール 筋膜リリース ボール ラクロスボール ボクシングトレーニング ストレッチボール ヨガポール トレーニング スポーツ フィットネス 自宅用 トレーニングルーム用 オフィス用 ボクササイズ用ボール クリスマスプレゼント
created by Rinker

③ホルモンバランスを整えたい方にオススメ!!

SweetPlus サプリメント 14種配合 30日分
created by Rinker
小林製薬の栄養補助食品 エクオール 30粒 約30日分
created by Rinker

まとめ


いかがでしたでしょうか?

自律神経の乱れは、自分でも見逃してしまいそうな症状の場合もあれば、深刻化して自律神経失調症などの疾患を招いてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

「なんとなく」の不調って自覚するのが難しい部分もあるかと思いますが、不調は身体からの何らかのサインであるため、我慢できるからと放っておかずに、症状が軽いうちに対処することが大切です。(*^^*)

関連記事一覧