• HOME
  • ブログ
  • カフェ
  • 【カフェ好きの方必見!】カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違い【あなたは説明できる??】

【カフェ好きの方必見!】カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違い【あなたは説明できる??】

こんにちは!ピースフルです(*^-^*)

カフェに行くとメニューの中によく見かけるこちらのメニュー。

「カフェオレ」
「カフェラテ」
「カプチーノ」

なんとなく見た目のイメージとか味の違いはわかっていても、何がどう違うのかと聞かれると、実は違いがよくわかっていないという方も中にはいるのではないでしょうか?

今回は今更聞けないと思っているそんな方に、それぞれの特徴や違いなどをご紹介していきたいと思います!(*^^*)

違いがわかることによって味や香りの違いを感じ取り、メニュー選びに迷うことも少なくなって頂ければ嬉しいです。

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの共通点と主な違い


カフェでよく目にする「カフェラテ」、「カフェオレ」、「カプチーノ」にはミルクを入れたものという共通点があります。

カフェ(cafe)はイタリア語でもフランス語でも「コーヒー」の意味を持っており、オ・レ(au lait)はフランス語、ラテ(latte)はイタリア語で、どちらも「牛乳」という意味です。
日本語にするとどちらも「コーヒー牛乳」という意味になります(*^^*)

「じゃあやっぱりどっちも同じじゃん!」と思った方、安心してください。
名前の意味は同じですがちゃんと違いがあります。

ざっくり言うと、カフェオレとカフェラテは使っているコーヒーの違いカフェラテとカプチーノはミルクの加工法に違いがあります。

実際どのような違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

カフェオレとは?


カフェオレはドリップコーヒーにミルクを加えたフランス発祥の飲み物で、フランス語でのCafe au lait(コーヒー牛乳)が語源となっています。

濃い目のコーヒーと温めたミルクを、基本的には1:1のほぼ同量をカップに注いで飲むことが特徴です。

コーヒーの種類

カフェオレを作る際に使うのは「ドリップコーヒー」ですが、牛乳と割って飲むため濃い目に入れることが多いです。

ドリップコーヒーとは、『コーヒーにお湯を注ぎ、お湯の重みだけで成分を抜き出す方法』で抽出したコーヒーのことを指します。

道具があれば簡単に入れられるのですが、お湯を注いだ時に広がるコーヒーの香りや、コーヒーの豊かな風味と深い味わいも楽しめることが魅力のひとつです💡

又、ハンドドリップの場合は抽出する際に、お湯を注ぐスピードや蒸らす時間を自分で調節することが出来るため、少し時間がかかってしまうかもしれませんが、自宅でも手軽に自分好みのコーヒーを楽しむことが出来ます。

お湯を注ぐスピードや蒸らす時間を調節することで味が変化し、入れた時にふわっと広がるコーヒーの香りもまた一興ですが、好みの味を見つける楽しみがあることもハンドドリップコーヒーの魅力です。

コーヒー豆は中挽き~中細挽きにしたものを使用します。

ミルク

カフェオレのミルクはコンロや電子レンジなどで温めたミルクを使用しています。

どんな時にオススメ?

カフェオレは高価なエスプレッソマシンを使用せずに手軽に作れるということから、カフェのメニューに「カフェオレがあってもカフェラテがない」というパターンもあります。

チェーン店や大きめのカフェなどに行けば両方取り扱っていることも多いですが、カフェオレの方がコーヒー要素が強めでリーズナブルな価格で楽しむことができます(*^^*)

ご自宅で楽しむ場合も、カフェラテだとエスプレッソマシンが必要になってくるのでカフェオレの方がオススメです。

カフェラテとは?


カフェラテはエスプレッソにスチームミルクを加えたもののことで、イタリア発祥の飲み物のため、イタリア語でのCafe Latte(コーヒー牛乳)が語源となっています。

イタリアではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラッテ」と注文するとそのまま牛乳で出てきてしまうのでご注意ください。

コーヒーの種類

カフェラテで使用するコーヒーはエスプレッソが基本で、コーヒーの濃度を高くして、少量のエスプレッソにミルクを加えて飲むのがイタリア発祥の入れ方です。

エスプレッソとは、コーヒーの粉に圧力をかけて短時間で成分を抽出させたもののことです。

多くの場合深煎りのコーヒー豆を使用されるのですが、ドリップコーヒーと比べると豆に対して抽出される量が少ないため、濃厚でとても濃いコーヒーになります。

エスプレッソは短時間で一気に抽出するため、コーヒーの豆の雑味成分が溶け出さずにうまみが凝縮した仕上がりになることが特徴です。

ミルク

カフェラテで用いられるミルクは「スチームミルク」というものを使用します。

スチームミルクとは、蒸気を使って温め、「泡にならなかったホットミルクの部分のことを指します。

どんな時にオススメ?

カフェで楽しむならカフェオレもいいですが、私はやはりカフェラテをオススメしたいです。

カフェラテはエスプレッソマシンがないと飲めないということと、カフェラテの方がミルクが多く、まったりとやわらかい味であると共に、コーヒーの雑味がない分スッキリとした味を楽しむことが出来るからです。

エスプレッソマシンを使用しているため、カフェオレよりは多少お値段が高くなっていることもありますが、そこまで大きく変わるわけではないですし、気兼ねなく楽しんで頂けるかと思います。

もちろんその日の気分で他のものを楽しむのもいいですが、何にするのか迷ってしまうようであればカフェラテを選んで間違いはないと思います。(*^^*)

カプチーノとは?


カプチーノとは、カフェラテ同様イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、エスプレッソを注いだカップにクリーム状に泡立てたミルクを加えたもののことを指します。

カプチーノという言葉は、元来はカトリック教会の一派であるカプチン会の修道士のことを指し、彼らが着るフードのついた修道服、カップッチョ(フードの意)にちなむとされていて、具体的には下記のような説があります。

・カプチーノの茶色が修道士の服の色と似ていたという説
・cappuccioには「蓋」の意味があり、エスプレッソに浮かんだミルクの泡を蓋に見立てたという説
・白い泡をコーヒーが囲む様子が、頭頂部のみを剃髪した修道士の髪形に似ているという説

ちなみにフランス語では「カフェ・クレームと呼ばれていて、カフェラテやカフェオレと呼ばれている泡立てていない牛乳入りコーヒーとは別の淹れ方の飲み物になります。

コーヒーの種類

カプチーノに使うコーヒーはカフェラテ同様エスプレッソを使用するのが基本です。

ミルク

カプチーノは「エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク」が1:1:1の割合になるように淹れるのが一般的とされていますが、お店やお客さんの好みによって差異があります。

フォームミルクとは、蒸気でミルクを温めて空気を含ませることによってふわふわに泡立ったミルク部分のことを指します。
柔らかな口当たりで、きめが細かくツヤがあるのが美味しいフォームミルクの特徴になります。

どんな時にオススメ?

カプチーノはミルクの泡を楽しみたい方にオススメです。

カプチーノならではの、あのきめ細かい泡がどこか贅沢な気分を味合わせてくれますし、口の中で優しくシュワシュワ消えていく泡が美味しさを際立たせてくれます。

ちなみに、カプチーノにココアパウダーを混ぜると「カプチーノ・コン・カカオ」、キャラメルを混ぜると「キャラメル・カプチーノ」、牛乳ではなく豆乳を混ぜると「ソイチーノ」になります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?

普段そこまで違いを気にしていなったという方も、それぞれの違いや魅力について少しでもわかって頂けていたら嬉しいです(*^-^*)

ちなみに余談ですが、日本ではドリップコーヒーを使用しているものを「カフェオレ」エスプレッソを使用しているものを「カフェラテ」と呼んで区別していると言われていますが………。

イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていれば「カフェラッテ」、フランスではエスプレッソでもドリップコーヒーでも「カフェ」と呼ばれるため、イタリアやフランスにおける用法だとどちらをカフェオレ、カフェラテと呼んでも誤りはないんだそうですよ(* ´艸`)

関連記事一覧